高い基礎化粧品を使わないお肌の乾燥対策

MENU

お肌の乾燥を防ぐには

お肌の乾燥を防ぎたくて、高級化粧品でパックしたり、エステでフェイシャルを受けたりと色々とお手入れをしますよね。

 

でも、気軽に手軽にできるのに、もっと簡単にお肌の水分の蒸発を防ぐ方法や乾燥対策があります。

 

お肌の乾燥を防ぐことが美しい素肌の基本

 

乾燥しやすいお肌の人は一年中乾燥肌で悩んでいますよね。

 

冬の乾燥はもちろん、夏のエアコン、春・秋のさわやかな季節ですら保湿が気になります。乾燥は、目元や口元に小じわを作って、だんだんとそのまま深いシワとして居ついてしまいます。それから、口の周りなどは白い粉がふいてしまったりしますよね。化粧のりも悪いし。

 

わたしは乾燥肌ではなくて、油を抑えたいって言う方が油取り紙でなんども頻繁に抑えていたりしますが、あれも乾燥が原因。肌の水分が足りなくて、その少ない水分をお肌に留めておこうと皮膚の表面を油で覆おうとするんです。だから、健康で美しい素肌を守るためには、お肌の水分量が大事なんです。

 

 

そんなにお化粧品にお金をかけられなわ・・・

 


 

高い基礎化粧品を使わずにお肌の乾燥を防ぐ対策方法

肌の乾燥を防ぐために色々な基礎化粧品を使うのもいいですが、肌が弱いとその基礎化粧品でお肌が荒れてしまいます。

 

だからと言って、自分に合っている肌に優しい化粧品はすごく高くて、出費が負担になったりしますよね。

 

そこで、高い化粧水や乳液、パックなどに頼る前に、手軽にできる肌の乾燥を防ぐ対策方法をご紹介します♪

 

 

ダブル洗顔をやめる

 

乾燥肌で敏感肌の私たちの肌は、とても薄い皮膚の場合が多いです。そのため、皮膚が痛むのも簡単。

 

とても弱くて薄い皮膚にダブル洗顔は過酷です。クレンジングでごしごしこすられてお湯で流されたり、ティッシュでなんどもふき取られたり。この時点でも十分なくらいお肌を痛めつけていますが、その傷ついたお肌を洗顔フォームで擦るのはかなりの負担です。

 

これが毎日続くとなるとお肌に優しくつっぱらない洗顔フォームをつかっても、どんどんお肌の保水力は衰えてしまいます。わたしは、このダブル洗顔をやめただけでずいぶんお肌の調子が良くなりました。

 

洗顔自体がお肌の負担になります。せめて、クレンジングのいらないファンデーションを使うなどしてダブル洗顔を卒業しましょう。

 

 

水またはとてもぬるいお湯で洗い流す

 

洗顔のあと洗い流すときには、熱いお湯を使うのは厳禁です!

 

熱めのお湯で洗うとスッキリさっぱりしますが、お肌の表面の油分を全て流してしまいます。お肌の水分量はこの油分で保たれています。その油分がお湯で流されてしまうと、保水力が失われ、流された分の油を補おうと肌に余計な油が分泌されて乾燥しているのにベタベタしている状態になってしまいます。

 

石鹸を流すには出来るだけ人肌に近い低温のお湯がおすすめです♪

 

 

寝るときに大きめのマスクをして眠る

 

ちょっと手間がかかるけど、おすすめなのがこれです。
眠るときに大き目のマスクをして寝ること。

 

TVで浅香唯さんが言っていたのを聞いてから真似しているんですが、すごく効果があります!

 

特に、エアコンをかけたまま寝る真夏はお肌の状態が全然ちがいますよ。

 

この季節は、日中もエアコンの効いた部屋で過ごしますよね。一日中エアコンで乾燥している上に、寝るときまで乾燥。今まではいくら化粧水をつけても乾燥が進んでいったので夏もエステでケアしてもらっていました。でも、マスクを付けて寝るようになってからは、肌がしっとりと感じられます。

 

もちろん冬も付けて寝ています。乾燥対策としてはもちろん効果が感じられますが、それ以上に風邪を引かなかったり、喉が痛くなることがなくなったなと思います。

 

 

 

化粧品を使わない乾燥肌対策

 

 

毎晩使うので、使い捨てのマスクは手軽で便利ですが、国産だととても高い。

 

かといって、中国産だと変なにおいがしたりして眠りにつきにくいので、わたしはガーゼの国産マスクを愛用しています。

 

お洗濯するほど柔らかくなって使い心地が良くなります♪